スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

NHKの嘘に対抗する

NHK「吉田証言」は2度放送 検証、訂正は行わず 籾井会長「事実として伝えたのではなく」

2014.9.4 17:55 [メディア]
 NHKは4日、過去のニュースと番組で「慰安婦の強制連行」を証言した吉田清治氏へのインタビューを2度放送したことを明らかにしたうえで、検証や訂正を行わない考えを示した。籾井勝人(もみい・かつと)会長は定例会見で、「事実として伝えたのではなく、証言の中にこういうものがあるという伝え方をしている」と述べた。

 NHKによると、元慰安婦を名乗る女性が国を相手取り、訴訟を起こす動きを伝えた平成3年11月の全国ニュースで、複数の証言者の一人として吉田氏のインタビューを放送。朝鮮人の戦時徴用の状況を伝えた4年2月の関西圏向けの番組では、吉田氏が「朝鮮人の強制連行」を証言した。

 NHK計画管理部は「3年のニュースでは同時に日本政府の受け止めや見解も伝えた。吉田証言を4年以降は放送しておらず、現在は事実と呼べる根拠はないと考えている」と説明している。

 一方、13年に昭和天皇を「強姦と性奴隷制」の責任で裁いた民間法廷の模様を報じた教育テレビ(Eテレ)の番組について、同局は「NHKは特定の意見や考え方だけに基づいて番組を制作しないよう心掛けている。慰安婦問題の事実関係にはさまざまな見解があり、政府や海外、関係者や識者の動きを多角的に伝えるようにしてきた」(同部)として、検証は行わない方針を示した。








物事は時系列に沿って、連続的に捉える必要がある。
こういうNHKという名のクソのように、すぐに今までにやったことを棚上げして平然と嘘をつく連中と戦うには、そういう準備が不可欠だ。

特定の意見や考え方に基づいて番組を制作することしかやってきていないのに、嘘を言う。

もし本当にそうなら、反証番組として、テキサス親父起用でクローズアップ現代「現代の情報戦 アメリカにおける中韓の反日工作」という番組をぜひ作って欲しいもんだ。

まぁ、できまい。


こういうふうにメディアを利用して、戦争を進める連中が実際に存在しており、対応するには同じ土俵で争うより他に手段はない。
そして、絶対に負けてはいけない。
これは立派な電子戦だ。

なにも、DOSアタックやクラッキングばかりが電子戦というわけではない。




[ 2014/09/04 21:40 ] 思考力を鍛えよう | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://neostarship.blog44.fc2.com/tb.php/2100-195bac5d


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。