スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

事件がありすぎるな

事件がありすぎる。

太陽活動が低下すると、大事件や変な現象が起きることが、統計的には示されているそうだ。
そのせいかどうかはわからないけど、大きな事件が目につくように思う。

思うってのは、これだけネットとメディアが発達したせいで、触れられる情報量が激増したせいで、主観的にそう思ってるだけだろうと思っている。

その中でも、歴史的事件というのがあるもので、その比率を追うと少しは整理がつくかもしれない。


日本の歴史上の大転換期といえる事件は2つ。いや、3つか。

1 アベノミクスという経済政策が成功するかどうか。

2 集団的自衛権、というよりも自衛戦力を自衛のために行使できる状態に回復できるかどうか

3 エネルギー政策を転換できるかどうか

少し補足しておくと、従軍慰安婦の問題も尖閣の問題も竹島の問題も朝日の問題も、全て原因は中韓の軍事的戦略のプランに同列に並んでいる同じグループのことで、全ては日本が自分で自分の国を守れるようになれば解決する。
というか、解決しないと集団的自衛権は確保できないと思う。
これらは個別に重大な負の影響をを日本に与えているので別個の問題のように思ってしまうが、同じテーブル上にある。

アベノミクスは、いい政策だろうと悪い政策だろうと60点位の中途半端な政策だろうと、成功しないともう日本にチャンスはない。
ノーベル物理学賞を受賞した中村修二・米カリフォルニア大学教授が、全世界の見守るなかで発言した通り、日本に研究の自由はない。多様性もない。
残された体力は、もうない。
アベノミクスの足を引っ張る連中は、ほぼ赤の息のかかった連中だと思って間違いない。
普通の神経をした日本国民なら、絶対に失敗してもらっては困るので、建設的な意見を述べるものだ。

エネルギーは、原発なんて高コストの死に体エネ使ってる時代遅れの国、どうやって浮上すると言うんだ。
TNT火薬で発電機を回すような考えをしているものは、先進国にはもういない。最適化された燃料で効率よく発電するほうが、何かとカネになる。


全然補足じゃなかったな( ´ω`)



世界的にはまずエボラ。
第一世界大戦を終わらせたのはスペイン風邪だという。要するにインフルエンザのパンデミックだ。
エボラもパンデミックの前段階まで来ている。アメリカでもどうなるか分からない。

イスラム国の問題も非常に大きい。おそらく、過去最高に金持ちのテロリストだと思う。
略奪、人身売買、油田の闇取引と、やってない悪事がもうないという凄さだ。
ここが声明で「アメリカにエボラテロを仕掛ける」と言っている。


最後に、17歳のノーベル平和賞。
これは象徴的な賞で、明らかに政治的力学が働いている。オバマ大統領の時と同じだ。

中東のイスラム勢力への世論を形成する事が目的だろうと思う。

中東の情勢はよくわからないところが多くて、あれなんだが、テロリストのおかげで食ってる連中が多いようだ。
テロリストの資金は、主要財源は寄付だ。


あと細かいのを入れると、御嶽山、小6バラバラ殺人、韓国マジ沈没とかいっぱいある。






そして、俺はCSSとかHTMLとかと格闘してる('A`)

ほんと、これ素人にはわかんねーな。

[ 2014/10/10 21:41 ] さすが俺ニッキ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://neostarship.blog44.fc2.com/tb.php/2127-53b4f88d


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。