スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

梯子を外された太陽光発電の行方

太陽光発電の事業者登録が殺到して、一時停止をする動きらしい。

既に九州電力が売電の登録を停止しているはずだが、コレは全国に広がるようだ。

完全に梯子を外された形だが、どうなることやら。。。


ほんと、いたるところに大小様々なソーラーが設置されてるんだけど、あれ全部どうするんだろう?
ソーラーのメンテナンスにも結構費用が必要なんだけど、割があるんだろうか?

草刈りだけでも結構なもんだと思うが。


太陽光発電はコストがかなり高いもので、まともにお金を払うとなると、かなりの値段になる。

ま、それを逆に電力会社に売れば儲かるという図式だったが、さじ加減は電力次第なので、電力大手が儲からなくなったらヤメルというのは、想定の範囲内だったと思うがなー

個人売電にしても、どんどん買取値段が下がってきてて、太陽光発電の設置にかかった費用が償却できるのは、設備が壊れるかドウかのギリギリのラインで、要するに生かさず殺さずしゃぶるという古典的手法そのままだ。


一時停止の理由に、水力や風力等の再生可能エネルギーなどという妄想への誘導を狙って、というのがあるそうだが、そんなものでどうにかなると思ってんのかな。

そもそも、大手電力会社は、確か三菱かどっかと大規模火力発電での業務提携で話がまとまったとかニュースで流れてたと思うんだが、風力や水力は夏休みの科学実験のようなもので、結局割にあわない上に自然破壊が思いの外大きいという結論が出ている。


メタン燃やせばいいじゃろ。
時代はメタンハイドレートだよ!
[ 2014/10/11 19:34 ] さすが俺ニッキ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://neostarship.blog44.fc2.com/tb.php/2128-2538a191


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。