FC2ブログ












スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

埼玉女子大生メッタ刺し刺殺事件

なんとも、興味深い事件が起こった。

こういう事件を見ると、猟奇殺人についての文献などを、発達障害の知識を揃えた上で読み返してみたいと思う。

まぁ、読書も練習が必要なので、長いこと読書から離れているリハビリの手始めに、シャーロック・ホームズを読んでみようかな。

シャーロック・ホームズとポアロは、やはり基本だね。


 「さてワトスンくん。 ボクのキーボードは痛みが激しくて旨くタイピングできないのだが、そんなことも気にならなほど、この事件についてボクは興味津々なのだよ。何しろ二十歳そこそこの若者が犯人なのだ。
 普通、この手のメッタ刺し事件は強い恨みが絡むことが多いから、それなりに人生経験を積んだ中年以上が犯人であることが多いのだよ。 しかし、この事件には当てはまらないね。 そこが、ボクの興味を否応なく掻き立てるのだ」



その数十箇所を刺されたり切られているということで、文字通りメッタ刺しだ。

キーボードが終わってるのでかいつまんで言うと、発達障害でADHD寄りだと思う。
おそらく中3ぐらいから明確に兆候がでていて、高2ぐらいでボーダーのようになっていただろう。


性的暴行が報告されていないが、おそらくセックス殺人だと思う。
誰でも良かったという供述が報道されているが、別の報道の内容には、明らかに「物色」した形跡がある。

1人で済んで良かったというべきかもしれない。
シリアルキラーになっていたら、もっと酷いことになっていた。






[ 2014/10/17 16:59 ] 発達障害・人格障害 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://neostarship.blog44.fc2.com/tb.php/2132-aed95c2f


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。