スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

被曝と結核の関連性

放射線 放射性物質 Q&A 放射線被ばくすると結核になるのか


放射線を浴びて結核になるというメカニズムは、免疫システムのダメージで説明がされるようだ。
これは被爆時の主な症状なので、理解しやすい。

のはずなんだが。

この福島民報で掲載されている記事は、理解ができないな。

【回答者】県放射線健康リスク管理アドバイザー長崎大教授 高村昇
この人物は、自分が何を言っているのか理解した上で、意味不明な理屈を言っているんだろうと思うが。

当時の旧ソ連では放射線と健康影響についての正しい情報が十分ではなく、「放射線恐怖症」が住民の間でまん延しました。このため、チェルノブイリ周辺地域では放射線を少しでも浴びたくないという理由から、胸部エックス線写真を用いる結核検診の受診率が急激に低下しました。
 これによって本来検診で見つかるはずの早期の結核患者が見落とされ、さらにそのような患者から感染が広がることで結核が増加しました。ゴメリ州ではその後、結核検診の重要性についての知識の普及が図られ発症の増加が抑えられました。



災害に対する恐怖心や警戒心は病気らしい。
つまり、現在の日本は「南海トラフ大地震恐怖症」という病気にかかっているのか?
むやみに地震を恐れるがあまり、無用な移転で過疎化を進ませ地域経済を破壊する軽挙妄動に蝕まれているんだろうな。


まぁ、これはジョークだが、結核という病気への罹患率と、早期発見を逸したことによる発病率の上昇や治癒率の低下は、全く別の問題のはずだ。

なぜ、診察を受ける機会が減ったら、病気にかかりやすくなるのだろうか?
シュレディンガーの猫的量子論も真っ青な、意味不明な理屈だ。


http://alcyone-sapporo.blogspot.jp/
ほか詳しいことはこのサイトを熟読すればいいと思う。
量が多いが( ´ω`)


このフクシマに関わる一連の報道や報道姿勢と、アメリカなどのエボラへの動きは、非常に似た図式になっている。

政府は同じように「安全だ。リクスはゼロだ。リスクは無視できるほど低い」と連呼している。

しかし、報道の姿勢は大きく違う。
リスクがないなどと繰り返す政府の発表にはうんざりだ。実際のところ、リスクはある。
という報道をしている。


この日本の「臭い物に蓋」「事なかれ主義」で犠牲者が減ればいいが、どうなることやら。
[ 2014/10/20 10:16 ] 被曝対策 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://neostarship.blog44.fc2.com/tb.php/2134-4fc8e0d4


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。