スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

とうとう日本国内でエボラ疑い

時間の問題だったが、エボラ疑いの患者がでた。

あめりかで出たんだから、日本でも出るだろう。
飛行機で行き来してる国は、すべて同類。

検査の結果が白だといいんだが。

日本のエボラ対策は無いのも同然だ。

大丈夫とか、まず安心とか、はやくも嘘を行政側の御用が言っていたが、対策なんかなんにもできてない。
アビガンと高性能マスクだけだ。

もし疑いの患者がエボラだったら、医療関係者に二次感染が出て、それはタブン世界の先進国で一番の人数になるだろう。

アメリカかドイツあたりからレベル4ウイルスの専門家を大至急招いて、早急にバイオハザード対策をして欲しい。
アメリカでも感染者が出ているので、事は急ぐ。

アメリカの医療レベルが先進国では低いとかいうウソ報道が流れていたが、そんなことはない。
先進国の中では標準的レベルだ。
それに医療レベルの頂点の高さでエボラが防げるわけじゃない。

それと、少なくともアフリカへの代表的なルートの飛行機は、使用する空港を一箇所に制限するべきだ。
北朝鮮は思い切った対策に出た。「外国人の一時的全面入国禁止」だ。
日本がそれをやるとオオゴトになるが、少なくとも制限はかけて検査体制を強化するくらいはするべきだろう。


エボラ感染拡大の見通しが、日に日に悪化してくのが実に怖い。
リベリアは、洒落抜きに国が滅ぶ可能性がある。死者数が万単位になったら、もう死体を処理することもできなくなる。

フクシマは放射性物質のせいで立ち入れないエリアが出来たが、リベリアはエボラと疫病で侵入できない世界になるかもしれない。

これほどまでの強烈なウイルスの流行を人類は経験している。
ペストだ。
ペストの死亡率は50%~70%。適切な治療を受ければ20%まで下がる。1990年台にインドで流行が起こり、パニックになった。
全世界で8000万人以上が死亡した。ヨーロッパの半分以上が死んだ。この人数が、現代であっても1国が消えてなくなる数字だ。

エボラはそれを上回るのだ。
[ 2014/10/28 00:34 ] エボラ出血熱 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://neostarship.blog44.fc2.com/tb.php/2139-e31614a2


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。