FC2ブログ












スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

絶望的なフクシマの現状は時間が解決してくれる

最近は原発関係のことを書くのに、気がのらないことが多い。

というのも、分かりきったことを、「利権がらみの連中」と「急進的核武装主義者」が嘘っぱちと騙しでごまかして隠し、被害を拡大させているが、そのことについて被害者自身が無関心だったり見ないふりをしているという喜劇。

この欺瞞にいい加減呆れてきた。
バカバカしい気がして、面白くない。

まぁなんつーか、そういう連中から死んでいくというのが昔からの人間の歴史だし図式なので、それは変わらんなぁということかな。

せめて知人や近しい人には自己防衛をして欲しいと思っているが、最近は先入観有りきで話にもならないことが多いので、難しい。
事故直後、「食べて応援」という狂った大規模フードテロが日本中を席巻していた頃に、子供の食材を買い出しにでているのに「気にしたら負け!」とか言い放った頭のおかしい女もいたしね。自分本位が強い人間は、色々と難しいし、そういう人は少なくない。


本題は、フクシマの凍土遮断壁からみる、フクシマの現状。
というか、ぶっ壊れた原発がどうなるかという事例だ。フクシマとかは関係ない。

川内原発も「考えられる限りの安全対策を施しているので安全」だなどという、エボラ患者を隠して感染を拡大させたリベリアのシャーマン並に非科学的で迷信的な「頭のおかしい事」を言っているが、爆発すればフクシマと同じことになる。
どこのどの原発であっても、壊れた時にどうなるのかはわかっている。
フクシマの破壊はシミュレーション通りに進んでいた。例外はない。たんに、地形や風向きで被害の様相が変わるだけだ。

中の核燃料に近づくこともできず、汚染物質の放出は自然に止まるまで放置するしか無い。
これがチェルノブイリでもフクシマでも共通した、結果から分かっている事実だ。


フクシマとチェルノブイリの大きな地形的違いは、水だ。
地下水が流れ込んで核燃料周辺を沈めてしまっている。湖の水は地下水脈から流れ込んできているので、水道の蛇口のように出処がハッキリとはしないし、膨大な量だ。
それを凍土壁で深さ30m、長さ14000mのアイスウォールを築いて堰き止めようというファンタジーを実行したが、失敗っした。そりゃそうだろうね。

30mって、4階建ての学校が15m位だろうと思うのでそれの2倍の高さで、1.4kmって持久走で走って5.6分かかる距離。
それを厚みがどれくらいかしら無いが、氷漬けにするというもの。おまけに、流れてる川を凍らせようというのだから壮大な話だ。

地上も汚染まみれで建屋に入れない。

廃炉工程なんて、あたかも「解決できます」みたいな事を言ってるけど、どんどん伸びる。
放射線量が下がらない限り近づけないんだから、それが下がるまで手が出せない。できない工程なんて進まないんだから、伸びるのは当たり前。

おおかた片付くのは60年位でイケると思うが、最終的に片付くのは核燃料が安全化する「使用済み核燃料」の廃棄処理で必要な年数である「300年」と同じになるはずだ。
半減期は経年でしか進まないんだから、物理現象をねじ曲げるコスモクリーナーでもない限り、物理現象に変化は生じない。

ま、要するに「見てるだけ」という時間を、如何に頑張ってます的空気を醸しだしながら消化するかというだけってことだ。


この事故を防ぐ方法は、今のところ「皆無」である。
というのも、川内で日本の恥じじゃなくて、汚染させて世界を汚しているまっ最終なのにそれを忘れて「世界の恥」レベルの発言「考えられる限り(出来る限りだったかもしれんが)の安全策を」とか、痛いこと言っちゃってるわけだが、チェルノブイリもフクシマも、最先端科学の粋を集めて作られて、考えられる限りの安全策を施していたはずだ。

その上「でもやっぱり壊れるときは壊れるよね(ノ∀`)その時は諦めようね」という、「残余のリスク」という言い訳まで用意した。
そして、ある意味想定通り、フクシマが爆発した。

今年の10月24日に、「原子力損害補完的補償条約(CSC)」というものを締結するという日本政府の閣議決定があった。
これは保険のようなものだ。
この条約が示している通り、「原発は壊れる」というのがもはや前提だ。
壊れた時にどうやって被害を軽微に済ませるかという話をしなくてはいけない。

軽微に済むのだろうか?
この地震大国日本で。

以前の記事でも描いたが、原発事故は簡単に国境を越える。最低でも県境は超える。
川内原発を動かすなら、最低でも九州全県の得るべきだし許諾を山口と愛媛と高知にも許諾を得るべきだ。

加えて、事故時にフクシマレベルの大量被曝を容認する誓約書を出さなければならないだろう。



ま、そんなことよりも、さっさとメタンハイドレート掘った方が良いと思うけどね( ´ω`)
[ 2014/11/03 10:20 ] 原発・原子力災害 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://neostarship.blog44.fc2.com/tb.php/2145-766e9d76


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。